サッカーツアー検索

サッカー観戦ツアーの資料請求はこちら

サッカーツアー検索

サッカー観戦ツアーの資料請求はこちら

セルジオ越後のぶった斬り

セルジオ越後

PROFILE

1945年7月28日、ブラジル・サンパウロ市生まれ。日系二世。
18歳でサンパウロの名門クラブ・コリンチャンスとプロ契約し、右ウイングとしてプレー。1972年に来日し、日本サッカーリーグ(JSL)初の元プロ選手として藤和不動産サッカー部(現・湘南ベルマーレ)で活躍。
2006年に文部科学省生涯スポーツ功労者、2013年に外務大臣表彰受賞。
現在はサッカー評論家・指導者。日本アンプティサッカー協会スーパーバイザー。株式会社栃木ユナイテッド代表取締役。

【vol.21】まだまだ日本は世界と戦っていけるだけの力はない(2014.6.26)

初戦のコートジボワールに1対2と逆転負けを喫し、10人になったギリシャに引き分け、コロンビアにはこてんぱんにやられた。前回大会では2勝できたのが、今回は1勝もすることができなかった。この厳しい結果は、別に選手に責任があるわけじゃない。これがW杯のレベルであり、簡単に勝ち進めるほど日本は強くはなかったということなんだ。
W杯を前にメディアは期待をあおりすぎていたでしょ。日本の本当の実力を書いたら売れなくなるからね。日本は予選を突破できる力があるように報道して、W杯に向けて盛り上げてきた。そして、現実をみんながわかったというのが今の状況なんだ。

アジア相手に勝ち進んでも、国内だけの興行的なフレンドリーマッチを行っていても、日本代表は決して強くならないよ。国際的に強くなるためには、もっとアウェイで試合をしなければいけないのに、ずっと同じことを繰り返している。
技術面でも戦術面でも、日本は総合的に見てまだまだ世界と戦っていけるだけの力はないんだ。海外組がまるでブランドのように扱われているけど、ACミランやマンチェスター・ユナイテッドというトップクラブに所属している選手はクラブチームではベンチに座っていてほとんど試合に出ていない。ドイツのブンデスリーガで活躍している選手にしてもトップクラブではない。W杯で勝ち残っていく国は、海外のトップクラブでちゃんと結果を出している選手がいるんだ。

メディアは日本代表の好感度がアップするから、決勝トーナメントに勝ち進むことは当たり前で、優勝することも夢ではないような報道をしてきた。みんな夢を見るのが大好きだから、日本代表がW杯で活躍してくれると思い込んでしまったんだ。
本来はW杯が始まる前から、日本代表はこのままで大丈夫なのかといった議論がなければいけなかった。中心選手には試合から遠ざかっている選手がいたり、いろんな問題点がはっきりとしていたんだから。
日本のメディアは過保護すぎるんだ。ブラジルが2戦目のメキシコ戦に引き分けたときですら、ブラジルのメディアは何をやっているんだと本気で叩いていたよ(笑)
予選を突破することができなかったんだから、日本に帰れないような状況じゃなきゃいけない。日本代表が帰国したら、よくやった、頑張ったと迎えるの? いままでみたいに「ドンマイ」で終わらせるのは、今後の日本サッカーにとって決していいことじゃないってことはみんながわかったことだと思うよ。

みんなW杯を観て、世界の実力は日本と全然違うってことに気付いたはずだ。日本代表はきれいにきれいにパスを回そうとしていたけど、パスのスピードが違うし、相手には怖くないんだ。
「自分たちのサッカーを」とよく言われていたけど、実力の違いがあるから、自分たちのサッカーができないのが現実でしょ。今回の3試合の日本代表がやっていたサッカーが、日本のサッカーなんだ。これがいまの実力なんだということを認識しないといけない。それができなければ、4年後も8年後もW杯で勝つことはできないよ。だから、サッカーが強い国を分析しないといけないと思うんだ。それは戦術や技術とかだけじゃなく、文化も含めての話なんだ。
日本はW杯が終わるごとに監督が代わる。ザッケローニ監督が辞めるのも、結果を出すことができなかったから責任をとってというのではなく、W杯が始まる前から決まっていた。強化委員長が責任をとって辞めたとしても、専務理事というポストは変わらないし、結局、責任の所在がはっきりしないのが日本のサッカー界の現状。日本は4年ごとに同じことをただ繰り返してきているだけなんだ。

今回のW杯が終わったら「ロードtoロシア」といって、また盛り上げていくの? いままでと同じようなやり方ではダメでしょ。変える勇気がいまこそ必要なんだ。コロンビア戦での惨敗は、みんなに日本サッカーの実力を知らしめるものとなった。
日本のサッカーに何が足りないのかを真剣に考える、いいタイミングだととらえることができれば、今回のW杯は日本にとって素晴らしい結果になったと思うよ。


【記事一覧】
[NEW]【vol.22】今回のW杯は日本にとって素晴らしい結果になった(2014.7.1)
【vol.20】サプライズは香川と柿谷の代表選出(2014.5.24)
【vol.19】ブラジルはなぜサッカーが強いのか(2014.5.8)
【vol.18】日本がAFCチャンピオンズ・リーグに勝てない理由(2014.5.1)
【vol.17】W杯のことを真剣に考えているのか?(2014.4.24)
【vol.16】わかりにくい日本代表候補キャンプの目的(2014.4.17)
【vol.15】本当の意味でのサッカー人口は41年前から増えていない(2014.4.10)
【vol.14】日本代表選手でいちばん輝いている選手は・・・(2014.4.3)
【vol.13】なぜチームフラッグまで禁止になったのか?(2014.3.31)
【vol.12】なんでW杯最終メンバーの議論がないの?(2014.3.20)
【vol.11】ニュージーランド戦はコンサート会場だった?(2014.3.11)
【vol.10】ブラジルではまだリオのカーニバルが話題の中心(2014.2.27)
【vol.9】プロリーグをやるための世界的キャスティングが必要だ(2014.2.20)
【vol.8】J3は本当に五輪代表を強化する場なのか?(2014.2.13)
【vol.7】日本のサッカー界を不思議と思わなくちゃいけない(2014.2.6)
【vol.6】Jリーグにもアベノミクスが波及してほしい(2014.1.30)
【vol.5】本田はまだミランのナンバーワンではない(2014.1.23)
【vol.4】海外に行くことが経験というのはプロではない(2014.1.20)
【vol.3】ブラジルに観戦に行く人はしっかりとした準備を(2014.1.8)
【vol.2】日本のスポーツは独特の文化(2013.12.26)
【vol.1】日本はチャレンジャーって立場を忘れてはならない(2013.12.19)

HISスポーツTOP

SPORTS EVENT SECTION twitter

お問い合わせ・ご予約

東京スポーツイベントセクション

tel

<営業時間> 月~金曜 11:00~19:30
  土曜 11:00~18:30
  日曜・祝日 11:00~18:00

〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-33-8 サウスゲート新宿ビル1F
[ 総合旅行業務取扱管理者 生岡 陽 ]

横浜スポーツイベントセクション

tel

<営業時間> 月~土曜・ 日曜・祝日 11:00~19:00
   
   

〒220-0004 神奈川県横浜市西区北幸1-6-1 横浜ファーストビル11F
[ 総合旅行業務取扱管理者 稲葉 敬昭 ]

▲上へ戻る

PAGE TOP