その他競技検索

その他競技観戦ツアーの資料請求はこちら

その他競技検索
フリーワード検索

その他競技観戦ツアーの資料請求はこちら

  • SPORTS EVENT SECTION TOP
  • その他競技TOP
  • 桑田真澄の​球道即人道

    桑田真澄の​球道即人道

    PROFILE

    1968年4月1日 大阪府出身
    PL学園高時代 5大会連続甲子園出場 優勝2回 準優勝2回 ベスト4 1回
    甲子園通算20勝(3敗)、6本塁打
    1986年東京読売巨人軍入団
    通算173勝141敗14セーブ
    沢村賞。MVP、最優秀防御率他、数々のタイトルを獲得
    2007年ピッツバーグ・パイレーツ入団
    2008年現役引退
    現在は講演活動や野球教室で全国に足を運びながらアマチュア野球の 現状を分析。野球界への恩返しを目的としNPO法人アミーチ・デル・ クオーレを通じ、精力的に活動。 また東京大学大学院の研究生でもある。



    【vol.3】『ワイン』(2014.12.16)

    写真



     ワインはいいね。

     昔の野球選手には、大酒呑みのイメージがあったじゃない? お酒を飲んで、プンプン酒の匂いをさせて球場へやってきて、ランニングで汗を流して酒を出す、みたいな……中には酔っぱらってホームランを打つのが豪傑だ、みたいなエピソードもあったよね。でも僕は、お酒を嗜(たしな)む、という飲み方があることも知ってもらいたいんだよ。野球にマイナスだから、お酒、ああ、ダメだと決めつけるんじゃなくて、適当な量を嗜むというのは、人生にとっても大事なことじゃないかと思うようになってきた。イッキ、イッキと騒ぎながら飲むお酒じゃなくて、その国の歴史や文化を語り合ったりしながら飲むお酒もあるんだということなんだ。
       
     20代前半までの僕はすべてを野球のためにと思ってやってきたけど、右ヒジの手術を受けてからは、絶対にそうでなければいけないと決めることはマイナスだと考えるようになった。そう思えたのも、復活を期してリハビリを続けていた、あの時間があったからだと思う。お酒は絶対にダメだと思っていたのに、体にいいならとワインを飲むようになったし、タバコもダメだと決めつけてきたけど、シガーにも嗜(たしな)むという楽しみ方があるということを知った。もちろん、お酒を飲み過ぎていいことはないし、シガーは煙を肺には入れないからタバコとは根本的に違うんだけど、何でもまずやってみて、何がよくて何がダメなのかを経験してみることが大事なんだと思うようにはなったかな。
       
     僕がワインに初めて出会ったのは、今から20年くらい前……右ヒジを手術をした直後のこと。ロサンゼルスでまだ右腕を三角巾で吊っているとき、たまたま、ワインは体にいいというアメリカのテレビ番組を見た。タンニンが含まれていて、悪玉コレステロールを善玉に変える効果があると紹介されていた。へーっ、そうなのかと思ったのがきっかけだった。右ヒジの状態が思わしくなくて、光がまったく見えないときだったから、一日一杯の赤ワインを自分の薬と決めて、試してみようと思ったんだ。それからは、ワインがなぜ体にいいのか、ワインの歴史はどうなっているのか、各国のワインの産地を調べていくうちにいつの間にか地理の勉強にもなって……以前はワインを買ったら、家のワインセラーに入れて、ワインにピアノを聴かせりもしたね。そうやっていい環境の中に置いておくと、ワインがいい感じに成長するような気がしたんだよ。ワインを育てるというのかな。    

     最近はそれだけじゃ飽き足らなくなって、自分でも作ってみようと、ニュージーランドで『プロヴィデンス』というワイン作りを経験させてもらっている。いいワインを作るためにはテロワール(土壌、気候、土地などの生育環境)が大事なんだけど、実際にワイン作りを体験させてもらったら、それだけじゃないっていうことがわかってきたよ。いいワインを作るために必要なのは、『情熱』、『愛情』、『時間』、そして『ソウル』。つまり、魂を込めて育てようとすることなんだ。

     そうやって考えると、ワインと野球選手って似ているところがあるよね。指導者として選手を育てるのは、手間暇がかかるもの。水をあげたから、太陽に当てたからといって急にブドウが育つわけじゃないし、一言いいアドバイスをしたから、猛練習をさせたからといって選手が突然、うまくなるわけじゃない。ある程度の時間をかけることも欠かせないんだ。僕は北九州でお米も作らせてもらってるんだけど、お米も育てるのに時間を短縮することはできないでしょ。人間だってそう。お母さんのお腹の中で十月十日、この時間は短くしようと思ってもできるものじゃないよね。お米もブドウも人間も、そして野球選手も、育てるためにはある程度の時間をかけることが大事。そしてその間、魂を込めて育てることが大事なんだ。

     今年、フランスとイタリアのワイナリーをあちこち巡ったんだけど、ホンモノに触れるって本当に大事なんだね。野球でもそうだけど、ホンモノのピッチャー、バッターと対戦すると、ああ、自分がこの相手の域に達するにはまだまだだなぁとか、この相手のようになるのはこういうところが足りないんだなということがわかる。自分はその人よりも上なのか下なのか、その基準を作ることで今の自分の立ち位置がわかるし、逆に限界を取っ払うこともできる。自分の中に無限の可能性を生み出すためにも、ホンモノに触れることは大事だなと思ったよ。
          
     最後に、いいワインを飲もうと奮発しようと思ったとき、せっかくだから美味しいワインに出会うためのアドバイスを、一つ。

     予算が3千円だったら、チリかアルゼンチンを選べば、コストパフォーマンスのいいワインが買える。5千円あるなら、オーストラリア、ニュージーランドまで行けるんじゃないかな。8千円出せるなら、カリフォルニアに届くね。1万円出せる人はイタリアへ行けちゃう。1万5千円だというのなら、これはもう遠慮なく、フランスへどうぞ(笑)。


    写真



    写真

    構成/石田雄太
    プロデュース/市川光治(光スタジオ)
    写真/梅田雄一(studio dp)




    【記事一覧】
    [NEW]【vol.8】ダウト(2015.4.8)
    【vol.7】常識を疑え!(2015.3.26)
    【vol.6】理不尽のカタチ・現代版(2015.2.27)
    【vol.5】子育て(2015.1.21)
    【vol.4】グアム(2015.1.7)
    【vol.2】決断(2014.12.4)
    【vol.1】日米野球の思い出(2014.11.20)



    HISスポーツTOP

    お問い合わせ・ご予約

    東京スポーツイベントセクション

    tel

    <営業時間> 月~金曜 11:00~19:30
      土曜 11:00~18:30
      日曜・祝日 11:00~18:00

    〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-33-8 サウスゲート新宿ビル1F
    [ 総合旅行業務取扱管理者 生岡 陽 ]

    横浜スポーツイベントセクション

    tel

    <営業時間> 月~土曜・ 日曜・祝日 11:00~19:00
       
       

    〒220-0004 神奈川県横浜市西区北幸1-6-1 横浜ファーストビル11F
    [ 総合旅行業務取扱管理者 稲葉 敬昭 ]

    ▲上へ戻る

    PAGE TOP