大会検索

マラソン観戦ツアーの資料請求はこちら

大会検索

マラソンツアーの資料請求はこちら

シドニーマラソン特集~ブルーマウンテン周辺観光編~

シドニーからの日帰り観光地として日本でもよく知られている「ブルー・マウンテン」。本来この名前は丘陵地帯であるブルー・マウンテンズ国立公園全体を指しています。2000年に世界自然遺産として登録され、その広さは広大で、皆さんが良く写真で見る風景だけでなく、様々なポイントから見る景色があります。そのビューポイントをLOOK OUTと呼び、いくつものLOOK OUTがブルーマウンテンズにはあります。また、近隣の街も観光スポットとして知られており、1日では見きれない、体験しきれない魅力的な観光名所なのです。



●ECHO POINT●

ECO POINT(イメージ)

ブルーマウンテンズ入り口の町カトゥーンバにあるエコポイント展望台。この場所が一番有名なスリーシスターズを眺めることが出来るLOOK OUTです。スリーシスターズとは、魔法で岩の姿に変えられた美しいアボリジニの3姉妹の伝説の岩です。山の不安定な天候のため、はっきり見られることのほうが少ないといわれています。メインのLOOK OUTとあってカフェやインフォメーションセンター、お土産屋などもあります。近くのWaradah Aboriginal Centreでは、アボリジニのダンスと共にアボリジニの紹介公演があります。迫力もあり、日本語での説明も表示されるのでオススメです。

●Scenic World●

シーニックワールドには、シーニック・レイルウェイ(トロッコ列車)と、シーニック・スカイウェイ、シーニック・ケーブルウェイの2つのロープウェイ、合計3種類の乗り物があります。それぞれ、ブルーマウンテンの景色をいろいろな角度から見ることができるだけでなく、アトラクションとしての要素もあるので、ファミリーにもオススメです!まわる順番は様々で、トレッキングのような遊歩道もあるのでそれもあわせてプランに組み込むのもありですね。どれもジェットコースターみたいに急上昇、急降下はしませんが、高所恐怖症の方はあまり下を見ないように、、、ロープウェイは床の真ん中がガラス張りになっていて、谷底が見えたりします。遊歩道中には昔の炭鉱の跡も見れたり、当然のことながら自然がた~ぷり味わえます!

スカイウェイ(イメージ)

●Kings Tableland●

Kings Tableland(イメージ)

ブルーマウンテンズの3シスターズは有名ですが、ブルーマウンテンズ国立公園のいくつものLOOK OUTのうち、穴場の絶景LOOK OUTがここ。通称キングステーブル。断崖絶壁から壮大な景色が見れるとともに、こんな写真も撮れるんです♪主要道路から外れた大型バスではいけないところにあるので、ツアーで組んでいるところはなかなかないのが残念なところ、、、高所恐怖症の方はだいぶ手前で足をとめておきましょう。。。

●Leura●

ルーラは雑貨やカフェなど、素敵なショップが並ぶ小さなかわいい街。緑に囲まれ、春にはメイン通り沿いに桜も咲くルーラの街は、10月に「GARDENS FESTIVAL」が開催されるほどのお花が咲き乱れるとか。それゆえ、美しい街としても知られています。お店もついつい足が止まってしまうオシャレなところが多いので、短い目抜き通りも時間が必要かも、、、LEURA FARAGE(ルーラガレージ)はオシャレなカフェと入ってみると、中はもっとオシャレ!ガレージを改装した斬新だけど素敵な内装と、シェフも各国で経験を積んできた凄腕シェフとか。Josophan's Fine Chocolate(ジョセフィン・ファインチョコレート)はルーラの自社工場で作られている人気チョコレートショップやキャンディーショップ。Bygone Beautyはティーポットミュージアムとティールームが一緒になったお店。中はアンティークのたくさんのティーポットや、ティーにまつわる様々な雑貨、家具から洋服などがそろっていて、本格的なイングリッシュ形式のアフタヌーンティーも味わえるんですよ。

ルーラ ティーポットミュージアム(イメージ)

●Featherdale Wildlife Park●

ボンダイビーチ(イメージ)

フェザーデール・ワイルドライフパークはシドニー中心部から公共交通機関で1時間ほど離れた場所にある動物園。ブルーマウンテンズからも少しかかりますが、よくツアーでセットになるオススメ動物園です。中心部にも動物園がありますが、ここの魅力は私設動物園としてはオーストラリア最大のオーストラリア原生動物・鳥類コレクションを誇っていること。そして実際に触ったり餌をあげたりできるのも、シドニーに来てまで・・・とはいわず、この動物園に行ってほしい大きな理由です。日本ではなかなか見られない種類の動物たちがい~ぱい!コアラ、カンガルーからは始まり、ウォンバット、タスマニアンデビル、ワラビー、エミュー、ディンゴ、ハリモグラ、ペンギン、ふくろう、クロコダイル、などなど、、でもやっぱりメインはコアラ!NSW州ではコアラは抱けませんが、触って写真をとることはできます。各ブースごとに並び、木に止まっているコアラを触りながら写真を撮るスタイルです。自分のカメラで撮れますよ♪そしてカンガルーに餌付けも~!少し手を高めに持っていくと、後ろ足で立って前足を手に添えてくるのが、、か、かわいいんです!エサはAUD1ドル。この動物園ではコアラとの記念撮影も入場料に含まれていてAUD29ドルとお安めなんです!


上記の記事は取材は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

上記観光地をすべて含むオプショナルツアーはコチラ
専用車 ブルーマウンテン観光(日本語ドライバーガイド)
http://activities.his-j.com/TourLeaf/SYD0183.htm


その他ブルーマウンテンズのオプショナルはこちらから
http://activities.his-j.com/CityTop/SYD.htm

【記事一覧】
マラソン編
シドニー観光編



シドニーマラソンツアー2015

▲上へ戻る

SPORTS EVENT SECTION twitter

お問い合わせ・ご予約

東京スポーツイベントセクション

tel

<営業時間> 月~金曜 11:00~19:30
  土曜 11:00~18:30
  日曜・祝日 11:00~18:00

〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-33-8 サウスゲート新宿ビル1F
[ 総合旅行業務取扱管理者 生岡 陽 ]

横浜スポーツイベントセクション

tel

<営業時間> 月~土曜・ 日曜・祝日 11:00~19:00
   
   

〒220-0004 神奈川県横浜市西区北幸1-6-1 横浜ファーストビル11F
[ 総合旅行業務取扱管理者 稲葉 敬昭 ]

▲上へ戻る

PAGE TOP