競技検索(必須)

スポーツイベントの資料請求はこちら

競技検索(必須)

スポーツイベントツアーの資料請求はこちら

Natsumi Saitou 斎藤夏美 Natsumi Saitou 斎藤夏美

1989年7月25日、大阪府出身。人気番組「テラスハウス」に出演中。世界を広げて新たな自分と出会うべく、ずっと苦手意識のあった長距離ランへの挑戦を決意。マラソン歴:半年

[ひとり旅応援!コース]

自由気ままな一人旅を快適に過ごせるよう、滞在プランや食事面をしっかりフォロー「一人旅を楽しみたいけど、ちょっと不安」そんなあなたの背中を押すサポートプラン

詳細はこちら→
42.195kmは、
新たな自分に出会う旅
初めてのフルマラソンに
一人で臨む夏

お仕事で海外へ行くことは多いけれど、一人ははじめて。しかも、最近はじめたばかりのランでフルマラソンに挑戦。新鮮なことばかりで、とってもワクワクしています。

もともとカラダを動かすのは好きで、ピラティスやヨガをよくやっています。だけど、ランだけはずっと苦手…。たぶん言われて走らされる学生時代のマラソン大会のイメージから抜け出せなかったんですよね。

でも今年に入って、内面を成長させるために苦手なものに敢えて挑戦するっていうのが自分のなかで大きなテーマになっていて、思い切って始めてみました。

実際に走ってみると終えたあとの爽快感がほかにはない気持ちよさで、少しずつ苦手意識が薄れてきたところ。というのも、まだ走りがヘタだから脚が痛くなってしまったりするんです。これから定期的に講習会でHOW TOを教えてもらったら、もっとランが好きになれるような気がしています。体幹トレーニングとしてピラティスも並行してやるつもり。

練習後のケアにはヨガをして、カラダづくりも楽しみたいな。

海外一人旅もフルマラソンも未知の世界。これを経験することで、新しい自分と出会えるんじゃないかなって思うんです。だって、フルマラソンって自分の弱い部分と向き合うのにピッタリじゃないですか。自分自身の成長を期待して臨みます。

まわりを走るランナーと仲間になれるのも楽しみ!一人参加でも、最後は絆を感じてゴールを切りたいと思っています。

ワンポイントアドバイス ゴールドコーストの
気候には要注意!

7月のゴールドコーストは南半球なので冬になります。ですが気温は日本の春くらい。日差しも強いので、日焼け対策はお忘れなく。「スパッツを長いものにしたのは日焼け対策。走っていたら暑いよ、とアドバイスもいただきましたが、日焼けは避けたいのでランに集中するためにも長いものにしました。ヒザ裏に小さな穴が空いていて通気性がいいのが嬉しいですよね。」(斎藤さん)

苦手意識はすっかり克服!
ランを通じて広がる人とのつながり

走り始めて半年、あんなに苦手だったランが今ではすっかり好きになりました。性格上いつも同じコースだと飽きてしまうから、地図とにらめっこをしてその日の目的地を設定するんです。この前は羽田空港に行ってきました。飛行機も好きだから、すごく楽しかった!

走り始めて気付いたことがあって、事務所の先輩や友だちなどまわりにたくさんのランナーがいたってこと。

私も走りはじめたことで会話が増えたし、この間ツアーオプションにあった講習会に参加したときも、ほかの受講者の皆さんと普段どんな練習をしてるのか話をしたりして。走り始めたことで人とのつながり、かかわりが一気に増えたような気がして、それがとっても嬉しい。あとは食事の大切さも実感しています。少しでも食べ過ぎるとカラダが重いし、かといってあまり食べないとエネルギー不足で走れなくなってしまう。栄養バランスと量を考えながら食べるようにしていたから、なんとなくカラダも敏感になってきたのかな?


ラン以外のトレーニングは、ピラティスを週5回。体幹部が安定して、ある程度の距離を走っても疲れにくくなってきました。あとはランの途中、緑があるところに立ち寄ってヨガをします。ちょうど新緑の季節だし、空を見上げて上半身を伸ばすようなポーズをとると、木からパワーが降り注いでくるような感じがするんです。呼吸が整うしいい気分転換にもなって、後半も気持ちよく走れるんです!

ワンポイントアドバイス フォーム改善で痛みを解消!

講習会の合間、中島コーチにフォームをチェックしてもらった斎藤さん。前回ラン中にふくらはぎが痛くなってしまうと言っていましたが…。「腰が後ろに引けて脚(膝)が外に開いているかな。胸を引き上げて、少しおなかと腰を前に出す意識をもってみましょう。すると脚が閉じて、前に出やすくなると思います。ふくらはぎの痛みを改善するには、腹筋を使ってもう少しももを上げて」とのアドバイスを受けてフォームを調整すると、「とっても走りやすくなりました!」とのことでした。

ナイトランは女性にオススメ!
ゴールドコーストでは最高の思い出を

ナイトランイベントはこれまでの昼のイベントとは全く違いました。日中は参加者の皆さんとワイワイしながら走っていたのですが、夜は暗いこともあって、よりランに集中できました。風が気持ちいいし、日焼けを気にする必要がないのもいいですね。それと女性は走っているときの疲れた顔や必死な表情を見られるのは恥ずかしいと思うのですが、夜だと見えないからバレない(笑)。

だから心理的に楽になるし、集中力も上がったように思います。ある程度慣れるまでは夜のランニングはオススメかもしれません。

本番は海のそばで気候も違って、走る人もさまざまな国の人がいて、考えただけでワクワクしちゃいます! オーストラリアには高校の修学旅行で一度行ったことがありますが、まさか次にフルマラソンで訪れるとは思ってもみませんでした。マラソン以外ではお買い物と海が楽しみです。海はできたら入りたいです。冬なので入れるのかはわかりませんが…(笑)。


まだゴールドコーストについてあまり知らないのですが、聞いた話では世界遺産もあるそうなので、これから調べてモチベーションを上げていこうと思います!

フルマラソン初挑戦がゴールドコーストという素晴らしい環境なんて夢のようです。5時間台で走れたらうれしいなぁ。たくさんの人と交流して、そこでしか作れない絆を生むことができたらと期待しています。全力で楽しんで、完走して、ゴールドコーストを満喫したいと思います!

ワンポイントアドバイス 本番当日の服装は?

「ゴールドコーストの7月は冬になりますが、亜熱帯気候なので日本の春をイメージしてもらえばいいと思います。日本より湿気が少ないので、心地よい冷たさを感じられ、走りやすい環境といえるでしょう。本番では短パンがオススメ。マラソンでは体温が上がりすぎることを避けたいので、なるべく涼しい格好が望ましいです。

また女性からよく受ける質問なのですが、腿ずれなどを気にされる方もいると思います。これは皮膚と皮膚が擦れるのが原因なので、ワセリンを塗ったり、スパッツを履いて対応しましょう」(中島コーチ)。

中島コーチのアドバイスを受け、斎藤さんが本番当日にどのような服装で臨むのかも楽しみです。

一人参加でも完走!

オーストラリアは高校の修学旅行以来。今回はフルマラソン参加というミッションがあったので気分が全然違いましたが、、でもせっかくの旅行。マラソン+観光も楽しまなきゃもったいないと思って、思う存分満喫しました!
今回はひとり旅。空港に着いたらツアーのお迎えガイドさんがいて、戸惑うことなく市内へ。滞在中の注意も説明してくれて、支店でWiFiも借りてひと安心でした。
ホテルにキッチンも付いているということで、H.I.S.支店の下のスーパーを覗いてみることに。テッカテカのりんごがたくさん~!すべてが大きくて海外のスーパーは面白い♪朝食もここで調達すれば、ひとり旅も安上がりです!
ホテルチェックインまで時間があったので、海沿いのカフェで腹ごしらえ♪おしゃれなカフェが多いので、一人でも気軽に入れました。

ジョグ&ストレッチはサーファーズパラダイスのアーチの下で集合。一人参加だと、こういうところでコーチや参加者の皆さんと話せるのが嬉しいですね。マラソン経験の先輩方がたくさんいるので、少し不安も解消されたかな。

3泊5日の旅行は意外にあっという間。マラソン参加も考えると、観光は効率良くがポイント。そういう意味でも、コアラ抱っこ付き一部下見ツアーは一石二鳥でしたね。実際、初めて走るコースがどんなところか知りたいけれど、それだけにせっかくの時間を取られるのももったいないですよね?!だから下見ついでに観光ポイントへ行けるのは嬉しいです♪コアラ抱っこの他にもワニのショーを見たり小さいワニを持ったり、日本とはまた違う作りの面白い動物園で、オーストラリアならではの観光ができました。
ちなみに、10時集合で少し朝は余裕があったので、ちょっとだけビーチランも!

ホテルに戻ったら、ツアーデスクで明日の朝食とゼッケンを受けとりました。
荷物預け用の袋にも名前を書いて、、いよいよって感じ。。。

大会当日、寒いと聞いていたのでしっかり着込んで出発。昼間の気温とは比べものにならない寒さでびっくりしました。 そして、テントに到着してからは最後の準備。腰が心配で、テーピングを貼ってもらったり、できることはやっておかないと!と思って。一人参加でも、H.I.S.テントの中にいるみなさんは仲間な気分。レベルは別々だけれども、これから同じ大会にチャレンジすると思うと、頑張りましょうね!!って気持ちでした。

スタート地点はゼッケンのアルファベット順に並んでいて、混雑の中ではどこに向かえばいいのか迷いそうでしたが、みんなで向かったので、安心して付いて行きました。
直前のストレッチとトイレを済ませて、、スタートです!

完走が目標。ゆっくりゆっくり、でも安定のペースで。中島コーチのいる30kmも笑顔で通過できました。まさかこんなペースで走れるとは思ってなかったです。
でも、やっぱりやってきました。。。ラスト7kmあたりでの痛みと辛さ。。。辛いな〜、、きつい、、そう思った時に、仲良くなった真実ちゃんに遭遇!
真実ちゃんも足が痛い中頑張っていたので、とても勇気付けられて、一緒に進むことができました。そして、無事フィニッシュへ!!

表彰式が終わったメインステージには表彰台が置いてあって、写真待ちの列が。せっかくなので並んで撮っちゃいました。フィニッシャーズTシャツと一緒に♪
テントに戻ってから、海にも入りました!本当に気持ちよかった〜頑張って火照った体も冷やされました。

H.I.S.シャトルバスでホテルに戻った後、夜はH.I.S.お疲れ様パーティーへ!
ランナーや応援者のみなさんと、テーブルを囲んでたくさんお話しました。せっかく頑張った大会の夜はその気持ちを話したいですよね。シューズや来年の宿泊パッケージなどが当たるビンゴ大会もあって盛り上がりました!

みなさん、本当にお疲れ様でした~
今回、私も本当に走ってよかったです!こんなに走れるとも思っていなかったし、次は記録更新を目指して、またフルマラソンにチャレンジしたいです!

次に走りたい海外マラソンは?!

ホノルルマラソン!
南国が好きなので、海を見て走れる大会をもう一度走りたい!制限時間もないので、ゆっくり景色を見ながら走ってみたいですね。 海外マラソンと言えば、ホノルルマラソン!というイメージの方も多いはず。制限時間が無いことも魅力の一つで、誰でも参加できて、初心者もとても多い。また、ホノルルマラソンには毎年行く!というリピーターも多いので、一度は行ってみる価値あり!
http://sports-his.com/marathon/honolulu/index_hnlmarathon.htm

  • Running Trip トップページ
  • 目標タイムへチャレンジ!コース
  • RunRunGirls♪コース
  • ひとり旅応援!コース
ページトップへ戻る

お問い合わせ・ご予約

東京スポーツイベントセクション

tel

<営業時間> 月~金曜 11:00~19:30
  土曜 11:00~18:30
  日曜・祝日 11:00~18:00

〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-33-8 サウスゲート新宿ビル1F
[ 総合旅行業務取扱管理者 生岡 陽 ]

横浜スポーツイベントセクション

tel

<営業時間> 月~土曜・ 日曜・祝日 11:00~19:00
   
   

〒220-0004 神奈川県横浜市西区北幸1-6-1 横浜ファーストビル11F
[ 総合旅行業務取扱管理者 稲葉 敬昭 ]

▲上へ戻る

PAGE TOP