ベースボール
チーム名検索

サッカー観戦ツアーの資料請求はこちら

ベースボールチーム名検索

サッカー観戦ツアーの資料請求はこちら

ロサンゼルスvsニューヨーク あなたならどちらにする?

試合開始前の練習から観に行くのがベースボール通。
とにかく荷物は少なめに身軽なスタイルでいきましょう。



●観戦のポイント● 試合前

ロサンゼルス(イメージ)

会場時間は通常試合開始の1時間半~2時間前。試合とは違う雰囲気や表情を楽しめる練習を観るのもMLB観戦の醍醐味。1階内野席ならサインをもらいに行くチャンスもあります。ユニフォームや公式球など期待を込めて準備しましょう。サインペンも忘れずに。サイン、プリーズ!は伝わりません。オートグラフ、プリーズ!で頑張りましょう。当日無料で配られることもあるボブルヘッド人形などのギブアウェイは、先着で渡されることもあるので、早い時間の球場入りはオススメです。

●観戦のポイント● 国歌斉唱

試合開始直前には席に着くようにしましょう。試合開始前に必ずあるセレモニーが国歌斉唱。周りの観客に合わせて背筋を伸ばしてその場に立ち、雰囲気に浸りましょう。帽子をかぶっている人は必ず脱いで胸の前へ。独特な気分の高揚を味わえます。

ニューヨーク(イメージ)

●観戦のポイント● 試合観戦時

ロサンゼルス(イメージ)

日本の球場との違いは大きく2つ。まずバックネット以外のネットがほとんどありません。ファールボールが飛んでくることもあるので、試合に集中しましょう。ちなみにホームランボール以外のファールボールも持ち帰り可能です。そして打楽器や管楽器を用いた応援がないのも大きな違い。球場全体に響く白球の音やグラブに収まる音をじっくりと味わいましょう。

●観戦のポイント● 7THイニング ストレッチ

7回裏のホームチーム攻撃の前に行う恒例儀式。好カードでもずっと席に座っているのが結構ツライ。「Take Me Out to the Ball Game」の曲に合わせて歌いながら思い思いにストレッチをして、観戦で凝り固まった身体をほぐします。ヤンキースタジアムなら6回裏のグランド整備の「YMCA」も必見です。

ニューヨーク(イメージ)

●観戦のポイント● 手荷物

ロサンゼルス(イメージ)

セキュリティーの関係で大きな荷物は持込みできません。カメラや身の周りの貴重品などコンパクトにとどめましょう。ビデオや三脚、鳴り物応援グッズなどはもちろんNG、飲食物もダメですよ。リュックサックサイズはアウトでポシェットタイプが大丈夫という感覚です。ビニール袋持込みは半透明はNG、透明なものはOKです。球場にはロッカーはないので、持込み不可なものは基本的に没収です。ペットボトルの水は未開封なら持ち込めますが、開封済みのもの、瓶や缶に入ったもの、アルコールは持込みできません。ちなみにスタジアム内のアルコール販売は7回裏終了までです。

●観戦のポイント● 避けた方が無難な席

各スタジアムには、以下の理由でフィールドが見にくい席がございます。主なものが柱が視界に入る席、人が多く行き交う通路に面した席。リミテッドビューとかオブトストラクティッドビューといいます。歴史があるフェンウェイパークやリグレーフィールドに多くあるのが、2階席や天井を支える鉄柱、そして横移動が前提の出入り口。鉄柱付近の席でですと選手やプレイの視界を遮ることがしばしば。そして通路後方の1~3列目位は人が行き交って落ち着かない。各チームのホームページにそんな席の情報も載っておりますのでチェックを。新しい球場ですと、出入口がエリア後方に設置されかつ基本的に高い段差が設けられており、視線の先に人が行き交うことはありません。

ニューヨーク(イメージ)


【記事一覧】
交通・観光編
食事編
ボールパーク編



ニューヨーク

ロサンゼルス

▲上へ戻る

HISスポーツTOP

SPORTS EVENT SECTION twitter

お問い合わせ・ご予約

東京スポーツイベントセクション

tel

<営業時間> 月~金曜 11:00~19:30
  土曜 11:00~18:30
  日曜・祝日 11:00~18:00

〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-33-8 サウスゲート新宿ビル1F
[ 総合旅行業務取扱管理者 生岡 陽 ]

横浜スポーツイベントセクション

tel

<営業時間> 月~土曜・ 日曜・祝日 11:00~19:00
   
   

〒220-0004 神奈川県横浜市西区北幸1-6-1 横浜ファーストビル11F
[ 総合旅行業務取扱管理者 稲葉 敬昭 ]

▲上へ戻る

PAGE TOP